素人アダルト動画

素人アダルト動画は、全て無料で見れるエロ動画サイトです。ナンパものから盗撮、痴漢などリアルな素人の女の子のセックスをお楽しみください

女性の身体の好みが変わる謎を解き明かす!

なぜ女性のタイプに変化が起こるのか?そこには驚くべき理由があった

気が付けば女性の身体の好みが変わっていたという経験はないだろうか?
大人になるにつれて女性の気になるパーツに変化が生じることは、ごく自然のことだ。
なぜならば女性に対する興味と性欲は比例しているからなのです。

性欲と興味の密接な関係性を考えてみるべき

年齢を重ねるにつれて性欲も減退していきますが、これに比例して女性の気になるパーツにも変化が生じているのです。普段は意識していないので気が付かないのは当たり前ですが、自分の身に起こる変化を意識してみるのも面白いかもしれませんね。

この2つの関係性を深く掘り下げてみると意外な事実が判明したので、今回皆さんにお伝えしようと考えました。女性の身体の興味に変化が生じるのは遺伝的な要素が関わっていたなどを交えて年代別にご紹介させていただきたいと思う。

それでは、この謎を解き明かした結果をどうぞご覧ください。

目次

少年期の身体の好み
 - 結局は顔で判断
 - まれに存在する少年期でも性欲がある男の子
青年期の身体の好み
 - 女の子も自慰行為
 - オッパイに恵まれなかった女
成人初期の身体の好み
 - 盛り上がる成人初期
 - 青年期と成人期の狭間
成人期の身体の好み
 - お尻に対する執着心
 - 女はお尻を鍛えろ
老年期の身体の好み
 - 年を取ると性欲が無くなる人と増す人
 - 性欲の逆転
 - 意外な興味対象
分析で判明した5つのキーワードについて

少年期の身体の好み

少年期は6歳から12歳までを指しているが、この時の女子に対する性欲はあまり無く、イタズラでしか興味を示しません。必ずと言ってもいいほどスカートめくりが流行っており、女の身体というよりもパンツに興味を示す男子がほとんどです。

小学校低学年まではパンツにしか感心を寄せませんが、高学年になると恋愛に興味を示すようになります。恋愛をするにあたって女性の身体で重要視する箇所は「顔」であり、かわいい女の子にだけにしか興味を示しません。

そんなこと大人になっても一緒だろとの声が聞こえてきそうですが、全く一緒ではありません。
大人はたとえ顔が悪くても建前で親切にしたりしますが、子供の素直な態度はとても極端なのでブサイクな女の子には冷たくあしらう傾向があるのです。

思い返してください。クラスのマドンナ的存在の女の子にチヤホヤしたり、素直に好きだと直球で告白したりした経験はないでしょうか。これに反して可愛くない子には直球で罵声を浴びせたり冷たくあしらったりしてましたよね?全ての男の子がそういう子たちばかりではありませんが何度か経験された記憶があると思います。

結局は顔で判断

少年期は「顔」が女の身体の好みとお伝えしましたが、これには深い理由があります。
考えなくても分かることだとは思いますが、女の体が発育していないことに起因しており、性欲を湧き立たせる材料が揃っていないのです。

もちろん発育の良い女の子も存在しますが、ごく一部の女の子だけでほとんどの女の子は胸の発育状況やおしりの発達具合やおまんこの整形がまだ未熟の状態であるため、男の性欲を湧き立たすまでに至っていないのです。

しかし、ロリータコンプレックスと呼ばれる未発達の女子に性的興奮を感じる大人の方々も多くいらっしゃるので一概には言えませんね。子供は純粋なので性的欲求よりも恋愛を重視する傾向にあるので、感覚的に顔を選ぶのは自然なことだといえますね。

まれに存在する少年期でも性欲がある男の子

ここまでは、少年期の性に対する興味をあまり無いという風に言ってきましたが、まれに存在するのがレアな「少年期でも性欲がある男の子」なのです。
これは凄いですよね。まだチンコさえ発達しきっていない少年期にすでに性欲というものを持っている。将来どんな大人になるんでしょうか。でも少年期に性欲を持つ男の子には、ある程度の共通点があります。

それは何かというとまず一つに年の離れた年上の兄弟がいる。しかもそれが年上の女兄弟であればなおさらその傾向は強くなります。考えてみて下さい。自分の生活の中にもう女性として立派な身体を持ったそう女子高生や女子大学生が存在しているのです。
兄弟という事もあるので、まずそのお姉さんは無防備にお風呂に入った後や普段の生活をノーブラで過ごしたり時にはおっぱいや裸を見る事もあるでしょう。弟大好きなお姉さんなら一緒にお風呂に入る事もあるかもしれませんね。
そういう日常の何気ない刺激が少年期の性欲を呼び起こすのです。
お姉ちゃん

これは男の兄弟だとしても可能性があります。

私の友人の兄は、高校生だったのですがよくエロビデオを見ていました。もちろん親に隠れてですが、それを弟にチクられたくないので私たちもそのお兄さんが見ていたエロビデオを借りてはクラスのみんなで回してみていました。

他にも彼女を連れてきて部屋でエッチな事をしている時もあるかもしれません。私も弟がいれば、少年期の性に対する興味が分かるので、色々なことを教えたり、エロビデオなんかを貸したりしたと思います。
こういう感じで男の兄弟ならではの刺激がそこにはあるのです。

こうやって年上の兄弟がいる事によって、毎日の何気ない刺激を受けた少年の性に対する興味は段々と身近な女の子。そうクラスの女子に向いていくのです。スカートめくりなんかを見ていてもどこか冷めた感じで何がたのしいんだろうとか思ったりしています。
そしてチャンスさえあればまずはキスをしてみようと思っています。たかだかキスですがこれがディープキスとなれば少年期の男の子にとっては、未知の世界です。

その憧れが実行された時、更にこの少年期の性に対する欲求は高まりを見せていくのです。

周りより自分が一歩抜きんでた存在だと自分を誇りに思うことでしょう。これは少年期から青年期まで続く男のモテ自慢へと繋がっていきます。

ここまでで少年期のキーワードは「顔」ということが理解できたかと思います。
中には例外もあるので自分の少年期を当てはめて、思い出してみて下さい。

それでは次の分析結果に移りたいと思います。

青年期の身体の好み

青年期は13歳から19歳までを指しており、この年齢に達すると女性を性の対象としてみるようになります。女性の身体も発達が著しくなってくる年代でもありますので必然的にそうなるのでしょう。

この年代の中で13歳から15歳までの間は思春期と呼ばれる時期であり、最も女性に対する性欲が強い傾向が見受けられます。そのため、マスターベーションを覚える時期もこの思春期のときであり、皆さんもこの時期に自慰行為をされたのではないでしょうか?

自慰行為を行うことは決して悪いことではなく、むしろ自慰行為をしないと性欲が抑えきれずに強姦などの性犯罪に発展する恐れがあります。それを防ぐためにも必要な行為で大昔から行われている伝統ある儀式でもあるのです。

女の子も自慰行為

女の子にも同じことがいえます。女性器の周りをさすりながらクリトリスを刺激したりして快感を覚えていくのです。この年代の女の子の約9割が自慰行為を行ったことがあるいう集計結果がでていますので、家族に姉か妹がいる人はこっそり聞いてみてるもの面白いかもしれませんね。

そんなこと聞けるはずもないのは重々承知していますが以外と教えてくれたりもするものですよ。話が少しズレてしまいましたが、青年期に女性の身体で重要視する箇所は「オッパイ」です。

この頃になるとオッパイの発達は凄まじいものがあり、小学生時代にAカップしかなかった女の子が中学に進学して暫くたった途端、気づいた時にはDカップまで成長していたなんてざらにあるのです。ここまでの急成長を遂げるため、青年期の男性の興味がオッパイに向くのは必然的なことだと理解ができます。

オッパイに恵まれなかった女

しかし、この年代に達しても全くオッパイが成長しない女の子もでてきます。
主に遺伝的なことが起因していますが、オッパイが小さいということは青年期の男性からの興味から外れてしまうため悲痛な思いをする女性もちらほら見受けられたりします。

これが原因で自分の貧乳にコンプレックスを持ってしまい、自分の身体に自信が持てなくなり男性との恋愛は奥手になっていく傾向があるのです。貧乳はステータスだと豪語する女性も現れたりしますが、そんなものステータスになっているわけがないので悲痛な叫びにしか聞こえませんよね。

ですがオッパイが大きすぎるのも問題があります。
オッパイが大きいと男性からチヤホヤされるので自分だけが特別な存在と勘違いするようになり、傲慢な性格になったりするなどマイナス要素が加わる恐れもあるのです。やはりCからDカップのような適度なオッパイが一番魅力的だと思いますね。

ここまでで青年期のキーワードは「オッパイ」ということが理解できたかと思います。

次の分析結果に移りましょう。

成人初期の身体の好み

成人初期は20代のことを指しており、この時期は女性とのセックスのことしか頭にありません。
女性の身体の発達もこの時期に終了するため、良質な肌や性器を形付くっており、一番魅力的な時期ともいえるでしょう。

この頃にはお金という最大の武器を使って風俗などの性的サービスを提供しているお店で手軽にセックスを行うことができ一番充実したセックスライフを送れる時期でもあります。女性も性欲が増しているので酔っぱらった女の子から性行為を要求してくることもしばしば見受けられます。

盛り上がる成人初期

成人初期の私大のイベントである成人式では青年期で出会った友人や恋人などが一挙に集結し、子供を生んだ人や髪の毛が無くなっている人やニートをしている人など様々に生き方をしていることに感動を覚えたことでしょう。その後の2次会で気になる女性をホテルへお持ち帰りした男性も大勢いるはずだ。

性欲は青年期と比べると落ち着いたように見受けられるが、表向きはそう見えるだけで内心は肉食獣のように性に対しての欲求が溜まりまくっている。20歳代の性犯罪が多いのはこのためだ。

なので成人初期はもっとも落ち着いて行動しなければならなく日々の行動に意識を向けなければ後々後悔するはめになる恐れがある。では、成人初期に女性の身体で重要視する箇所はどこでしょう?答えは「オッパイ」と「お尻」です。

青年期と成人期の狭間

なぜ2つもあるのかというと青年期と成人期の狭間であることが大きく関わってきます。この性欲が開花された青年期とこれから訪れる成人期で2パターンに分かれることになり、どちらの道を選ぶかによって自分の性癖が大きく変化していきます。

これも面白いことに20代前半ではオッパイが好みの基準となっているが、20代後半になってくるとお尻の形や弾力性について興味を示していくようになる。これは好みの変化の準備段階に移っている傾向であり、見ていて面白くもある。

成人初期は社会人になっている人がほとんどですが、ここでお尻に興味を抱いてしまう原因が発生してしまうのです。それはOLが着用しているスーツが起因となっている。

スーツのズボンは形がくっきりする材質でできており、パツパツのズボンを履いた女性はお尻の形がはっきりと見え、この光景が生でみるお尻の数十倍エロく感じるのだそうだ。社会人を経験した男性なら納得がいくことだろう。しかし、これは1つの起因であるだけで潜在的な欲求が主な原因だ。

ここまでで成人初期のキーワードは「オッパイ」と「お尻」ということが理解できたかと思います。

次の分析結果を見てみましょう。

成人期の身体の好み

成人期は30代のことを指しており、この頃になると性に関しては大分落ち着いていると思います。落ち着いているといってもセックスに対する欲求はあります。しかし性欲減少が着実に進行するので成人初期と比べると見劣りします。

成人期の前半は成人初期と比べるとそこまで変わり映えはしないのですが、成人期後半になると体力の衰えが目立ってきます。ここで体力の衰えと言っているのはセックスに対することで、勃起力もさることながら射精後から復活までの時間が長くなったりします。

性欲が元々高く体力にも自信がある人はこの問題に直面する人は中々いないのですが、大抵の人はこの問題に悩まれていると聞きます。これを補うためにバイアグラなどの精力増強剤を摂取する人も現れてきます。これから始まる老年期に向けての準備が重要な鍵となるのです。

お尻に対する執着心

本題から外れてしまいましたが、成人期に入ると女性の身体で重要視する箇所は「お尻」です。
弾力性のあるお尻を好む傾向になり、お尻のラインがくっきりと見えるようなズボンを履いている女性を見てしまうと興奮を隠せなくなってしまいます。

成人初期にもお尻を挙げさせていただきましたが、それよりもよりお尻に対する執着心が強くなっています。セルライトがタップリ付いたブヨブヨなお尻ではなく、筋肉質で張りのあるお尻もしくは肉が垂れていないお尻である必要があり同年代の女性にこれに該当する人は限られているのも事実だ。

女はお尻を鍛えろ

そのため必然的に若い女の子へと歩み寄るしか己の欲求を解放する術がないです。
もし同世代の女性が男性誘惑をするのなら、ヒップアップの特訓を怠らないように絶え間ない努力が必要ですね。「お尻を鍛えるものは業を制す」とは良く言ったもので、ただ有名な言葉を文字っただけなのですが、お尻を鍛えることによりセックス時に男性に与える快感が増幅していきます。

成人期の男性のお尻に対する執着心は凄まじいものがあり、常に女性のお尻を揉んでいたいと思っている人は必ずいらっしゃるかと思います。パンツ越しに見る女性のお尻のラインにも芸術性を見出したり、奥が深いところまで到達したヒップマスターもいるぐらいですから侮れません。

もちろんヒップマスターなんて言葉はあるわけがないんですが、お尻について知り尽くしたものは数多くいらっしゃいます。

ここまでで成人期のキーワードは「お尻」ということが理解できたかと思います。

では、最後の分析にまいりましょうか。

老年期の身体の好み

老年期は40代以降のことを指しており、この時期に到達すると意外な箇所に興味がでてきます。
この年代になると女性とのセックスにはそれほど執着心はなく、自らは行動を起こさなくなります。

誘われたら喜んでセックスをやるとは思いますが、大抵の人は所帯を持っていると思うので思い留まるでしょう。勃起力は全盛期と比べると半分程になっており、あれだけ猛々しかったマイペニスも垂直に起ちあがらなくなっています。

性欲も成人期と比べると大分落ちており、もし目の前で美女のスカートからパンツが見えても動じることもないでしょう。嘘です。そんなシチュエーションがあれば誰だってフル勃起します。
あくまで自分からはセックスを求めるようなことはしないだけで、求められたらやることはやります。

年を取ると性欲が無くなる人と増す人

50代から60代になってくると男性も女性も段々と性欲が無くなってきます。
これは人間として当然起こりうる現象なのですが、まれに60代を過ぎても性欲が全く衰えない方がいます。特にその傾向は男性に多くみられ、老人ホームや介護施設でヨボヨボの老人をお風呂に入れてあげようとすると、勃起するおじいちゃんが結構いるらしいです。

よく赤ちゃんでもちんこをいじると勃起するといわれますが、年寄りに同じ現象が見られるのはなぜでしょうか?
これは30代をピークに肉体的に衰えているというよりは生まれた時の状態に戻っていると考えられるのです。

そして、性欲というのはやはり元気の源なのか、性欲が強い人間ほど年をとっても元気でいることがわかります。性欲というのは人間が子孫を残すための本能ですから、本能の部分に力が無くなってくるとやはり体も元気がなくなってくるのでしょう。

逆に女性は閉経を迎え、子孫を残すことがもう出来なくなるので性欲はほとんどなくなります。ただ女性の中にもまれに年齢を重ねても性欲がものすごく強い人もいます。
こういう女性には注意して下さい。性欲が強すぎる女性は支配欲や独占欲、物欲などありとあらゆる欲望が強い傾向にあります。

性欲の逆転

この年代に到達すると男性より女性の方が性欲が強くなっていることはご存知でしたでしょうか。これは成人期の段階でもいえることですが、女性は歳を取るにつれて性欲が増す生き物であり男性とは正反対なんです。

熟した身体からフェロモンが放出され誘惑してきますが、この年代に到達するとよっぽど綺麗な人でないとスルーされる恐れがあります。本題から少々ズレてしまいましたが、老年期に入ると女性の身体で重要視する箇所は「足」です。

意外な興味対象

太ももからつま先にかけての一部の部位に興味が出てくる傾向にあります。
一番人気な部位は太ももで、筋肉質な太ももが好みの男性やセルライトがたっぷりつまったブヨブヨな太ももを好む男性がいます。

それとは逆に細い足を好む男性も多数いるようです。ニーハイソックスとミニスカートの丁度間の太ももが見えている部分を「絶対領域」なんて呼んだりしますが、まさに絶対領域!
あの部分には、チラリズムに等しい何とも言えないエロティックな感情を覚えてしまいませんか?
あの絶対領域は、筋肉質やぶよぶよの足では作り出せないでしょう。特に若くてかわいい女の子にこそ似合う部分だといえるのではないでしょうか。
顔やおっぱいフェチだという男もあの絶対領域を見てしまうと途端に意見を変える可能性は大ですね。
もし興味がある方は彼女や奥様にやってもらうといいかもしれません。
ただし太めの女性には向いていないのは先ほどお話した通りです。絶対領域が途端に危険地帯に変わる可能性があります。しかも自分からお願いしてやらせたら最後まで責任はとりましょう。

太ももの次に好まれる女性の足の部分といえば、次いでふくらはぎで、玄人レベルになるとくるぶしフェチがでてくる始末です。
なぜ足なのか?この原因も性欲減退に関わってくるのだが、一番の原因は遺伝的な要素が大きいと思う。女性の足ばっかりをみているオッサンを見たことがあると思うが、これも本能に従っただけで特に大きな問題はない。

某SMクラブによると40代以降の男性は足で踏まれたり舐めさせられたりすることを大変喜ぶとのこと。手コキならぬ足コキをサービスとして扱っている風俗店もあるぐらいですから、今後も需要がでてくるのではないかと推測しております。

ここまでで老年期のキーワードは「足」ということが理解できたかと思います。

それでは最後のまとめに入りたいと思います。

分析で判明した5つのキーワードについて

5つの分類に分けて考察を行ったら以外な事実が判明しましたね。
そう、歳を重ねるごとに女性の身体の好みが上から下へと変化しているのがキーワードで分かったかと思います。性欲が衰えるのに比例して女性の身体への興味も下の部位へと移行するなんて面白いですよね。

この分析結果に基づいて、あなたが今どの年代に該当するかで自分に合ったジャンルを確立することできるので、豊富なジャンルを取り揃えているこの素人アダルト動画で好みの素人女性を探してみてはいかがでしょうか。

素人アダルト動画TOPへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/03/05