素人アダルト動画

素人アダルト動画は、全て無料で見れるエロ動画サイトです。ナンパものから盗撮、痴漢などリアルな素人の女の子のセックスをお楽しみください

ナンパについて考えてみた

ナンパは意外と奥が深い

前回は素人というジャンルについて語らせて頂いたと思いますが、中々色々と考えさせらえるテーマだったなと感じております。今回も色々調べて考察していきたいと思います。今回のテーマは素人のジャンルにつきものの定番な言葉の「ナンパ」について解説、説明をしたいと思います。

ただし、あくまで私が調べた事ですので、間違っている情報もある可能性もありますので、そこは注意して頂きたいと思います。まあ私も人間ですので多少間違っても許して下さい。

さて、話はナンパについてですが、そもそも語源があるみたいです。昔は女性にチャラチャラしていない男性を硬派(コウハ)と呼んでいたそうです。そしてチャラチャラしている男性を軟派(ナンパ)と呼んでいた。それがいつしかカタカナのナンパが常用語としてよく使われるようになったというわけですね。
ディスコ
時はバブル時代にそんなナンパ男たちが集う場所は、ディスコやマハラジャと言った豪華な装飾品があるゴージャスな場所に多くそのナンパ男共が生息していたのですね。しかしながら、ナンパが元々感じだったとは思いもよりませんでした。硬派は漢字で伝承されているにも関わらずナンパはカタカナのイメージが強いというのが面白いですよね。恐らく、ナンパはカタカナの方が軟弱な感じがしていい味が出ていること、そして硬派は漢字の方が意思が強いイメージが多いので使い分けたのかなと考えています。日本語の難しいところはそこなのですよね。漢字、カタカナ、平仮名があって要所要所で使い分ける事がある。そういうところが外国人が難しく感じるところかもしれませんね。

最近の若い人達や、この外国人たちは正式名称の軟派(ナンパ)ではなくナンパというカタカナで、記憶されている人が多いです。どちらにせよ今のような使われ方だと、100年後には漢字の部分だけが忘れされれてしまい、ナンパだけが語り継がれたりするかもしれませんね。

そして、ナンパはどんどんと成長していきます。ディスコやマハラジャ等、ナンパ目的で集まる場所だけなく、ストリートナンパという新しいジャンルも出てきました。これは只の普通の路上でナンパする事ですね。女性からしたら嬉しかったり、逆に迷惑だったりするかもです。

その後世の中は、インターネット社会になっていきますが、このネットの普及によりナンパがより高度になります。そうです。出会い系サイトの誕生です。これらがより、電子的にナンパを成功させたのです。未来ではどういうのが流行るのか想像してみるのも面白いかもしれないですね。

90年代はナンパする若者がたくさんいた

90年代は、街中でナンパが繰り広げられていましたが、今やナンパを見かける事はそうそうなくなっています。
これは、男性が弱体化し女性がより強くなったというのも理由の一つに挙げられるでしょう。

ナンパというのは見知らぬ異性に声をかけるという自分に相当な自信があるかバカでないとかなり勇気のいる行動です。これは飛び込みの営業にも似ているかもしれません。いきなり街中でその日初めて会った異性に声をかけ、自分をアピールしセックスまで持ち込む。これはどの職業の営業よりも、もしかすると遥かに難しい行為でしょう。ナンパが簡単に出来る人は営業向きなのかもしれませんね。

ナンパには勇気が必要と言いましたが、これは心持ち次第です。ナンパが出来ないという人は一様に「恥をかきたくない」とか「どうせ断られるに決まっている」というようなマイナスのイメージを持っています。反対にナンパを簡単に出来る人は「断られてもどうせ二度と会わないし」とか「この女とセックス出来たら最高だろうな」とかプラスイメージしか持っていない事が多いですね。これは成功率にも関係してきます。やはり堂々と自分をアピールしてくる人間のほうが、恐る恐るオドオドしている人間よりは魅力的に見えるでしょう。

もちろん人間は第一印象で、7割以上相手に対する認識を決めてしまう生き物ですから、カッコいい事にこしたことはありませんが、服装や清潔感など自分で努力できるところは最大限に努力するべきです。
後は勇気をもって数をこなすしかナンパを成功させるすべはないでしょう。

携帯電話やインターネットの出現が行動を大きく変えた

90年代はまだ携帯電話やインターネットがあまり普及しておらず、女の子と出会うのは職場や学校など限られたテリトリーにしかありませんでした。
その為、異性と知り合うためにはナンパというのが重要な手段だったのです。
しかし、今は携帯電話やインターネットが完全に普及し、知らない人や遠い場所の人でも簡単に会話を楽しむことが出来ます。しかもLINEなどのようなチャットアプリの出現で声さえ聞かずに初めましてというような出会いの形も出来てきました。
こうなるとナンパの存在は完全に薄れてきます。

出会い系サイトの出現によるナンパの変化

出会い系サイトという新たな出会いのツールがインターネット上に広まったことによって、イッキにナンパする人が減ったのです。なぜかというと出会い系サイトは基本最初に見れるのはプロフィールのみ。勿論、顔出しをしている人もいますが、それはよっぽど自分に自信があるか、もしくは他人の写真を使っている釣り。そして出会い系サイトというくらいなのでそこに登録をする人は出会いを求めていることが前提となるんです。

それに比べてナンパはどうでしょう。確かにフィールドは広く、そして対象である女の子の容姿は最初から確認できるので、そういった面での安心感はあります。でも一番の問題は彼女たちがはたして今どういう状況でナンパされてもいいと思っているのかどうかを見抜くのが至難の業だということです。
ナンパ
プロのナンパ師と呼ばれる人たちもいる訳で、そして今も繁華街にいるスカウトマンたち。
彼らは凄いと思います。ナンパやスカウトに必要なのはもちろん第一印象を決める顔であることは間違いないですが、一番必要なのは無視されようが罵声を浴びせられようが、それを受け流すメンタルの強さでしょう。これがないと確実に落ち込んで鬱になり、二度とナンパなんかしなくなると思います。

いっぽう出会い系サイトでうまくいくには

最初に言った通り出会い系サイトは、顔が基本的に見えません。だからプロフィールが重要になってきます。そこはきっかけづくりということなので多少オーバーに書いてもいいかもしれません。そこで引っ掛かってきた女の子といかに出会うか、出会い系サイトはここからが勝負になります。
出会い系サイト
まずは焦ってすぐに会いたいアピールをしないこと。あくまで話したいだけなんだよという体で、とにかく自分に興味を持たせるのです。そうすれば何も言わなくても女性の方から一回会ってみたいって言うようになります。なのでここで重要なのは会話力です。しかし出会い系サイトの利点としてもうひとつ。文章をうつ前に考えられるという点です。これはアドリブに弱い方にはいいことだと思います。もちろん何か言われたらすぐ返す、店舗の良い会話が一番いいです。面白いって思わせたら結構会える確率は上がりますからね。でも練りに練って考えた会話で誘導していくのも一つの手法だと思います。これは自分にあったやり方を見つけていくしかないでしょう。

いよいよ勝負の時

そして素人の女の子たちは結構簡単にご飯くらいなら付き合ってくれます。まずはエッチなことを匂わせないのも重要です。ご飯だけならとかっていってくれればこっちのもの、後は念入りにリサーチをしておしゃれな店に連れていき雰囲気づくりをしてみましょう。ちょっと暗めの店でお酒も女性が飲みやすいカクテルなんかを豊富にそろえているところがいいですね。素人の女の子はカクテルとかチーズとかでテンションがあがりますからまず一件目でテンションをあげましょう。そしてすぐに誘っちゃダメです。二軒目に言ったほうがいいですね。これは上がったテンションをさらに引き上げるこうかがあります。そして二軒目の移動中に少し強引に手をつないでみましょう。ここで拒否られたら少し可能性はさがりますが、十分にテンションをあげていてたら大体手をつなぐくらいならOKです。でも絡みつくようにつなぐのではなく、あくまでソフトにつなぎましょう。二軒目を出たときが勝負です。ここはがっちり絡みつくように手をつなぎイチャイチャ感を増してください。ここで相手の反応を観察して、まんざらでもないようすであれば、ホテルでも自宅でも連れていけます。心配であればカラオケなんかを挟むとさらに成功率は上がるはずです。こうやって素人の女の子の特徴を掴んでいけばナンパじゃなくても出会い系サイトで簡単にセックスが出来るはずです。

SNSやアプリを使ったナンパ

出会い系サイトや路上のナンパは昔からありましたが、最近ではSNSやアプリを使ったナンパが流行っているようです。
SNSでナンパと聞いて、「ん?」と思う人もいるかもしれませんが、見方を変えればあれは立派な出会い系サイトなのです。しかも今では出会い系掲示板のようにSNSやトークアプリのアカウントを晒して出会いを求める素人も多数いるので、サクラが多い出会い系サイトより全然会える確率が高まります。ただこのSNSの中にもサクラは当然いるので注意が必要です。

どんなSNSやアプリで素人をナンパするのがいいのか

SNSといえば、フェイスブックやミクシー、ツィッターなどが有名なところですが、これらの有名SNSは実名が必要であったり、直接メッセージを送るのが主な目的ではないので使いずらいところではあります。
過去にミクシーが流行った時に私は自分の地元が出身で居住地が同じ地域の女の子を検索して片っ端からメッセージをコピペして送ったりしていました。当時はそれで100人送ったら10人は返信が来て、そのうちの2,3人とはセックスが出来たので、この方法は割と使えるなと思いましたが、いまはどうなんでしょう?ただ難しいのはある程度ブログであったり何かしらの活動の実績がないとなかなか返信が来ないのが現実です。これには即効性がないので、今から始めようという方には向いていないかもしれません。
SNS
じゃあ、どのようなSNSやトークアプリで素人をナンパしてセックスが出来るのか。
最近はラインやカカオトークのようなメッセージをやり取りするトークアプリのIDを掲示板に書き込んで、直接メッセージのやり取りが出来るというのを知っていましたか?最近とはいっても結構前からあるので知っている人はたくさんいるでしょうが。これは出会い系サイトの革命ともいえるのではないでしょうか?
というのも通常出会い系サイトでは、メッセージをやり取りするのにお金が必要なのですが、ラインやカカオトークはいったんIDが分かれば、後は無料でやり取りが出来るんです。
なので焦る必要もなく、暇なときにゆっくり会話し口説いていけば10人だろうが100人だろうが同時進行でナンパすることが出来ます。ただし最初にも言ったように掲示板にはサクラがいたり、ゲームの招待を受けるように要求してきたり、スマフォで課金する為のカードを要求してきたりと見極めは必要になります。ま、そういった女の子たちは1.2回のやりとりでなんかしらの見返りを必ず求めてくるので、そうなったらすぐにブロックして下さい。

私の最近のお薦めはある出会い系アプリなんですが、このアプリの宣伝ではないので名前は伏せておきます。特徴は、自分の位置情報を近くにいる同じアプリを使っている異性に知らせてメッセージが送れるというものです。
これはなかなか使えます。
そして都会ではたしかに素人が少なくサクラが多いですが(これはサクラ業者が都会にあるという理由でしょう)、地方は断然素人の女の子率が高いです。実際にこのアプリを半年使って20人の女の子とセックスが出来ました。
⇒SNSでナンパした素人JKの動画
ただこのアプリの怖いところは位置情報を使うので自宅にいるときなどは位置情報を送らない設定にしたほうがいいでしょう。あと気をつけるのは円光目的とか未成年もちらほら見かけるので、そういった素人の女の子には近づかないほうがよろしいかと思います。
プチ情報として、ゲイの方も結構いるのでそっちのほうが好きな方にもおすすめのアプリですね。

ということで、今はナンパするのも直接会う前から勝負は決まっているといっても過言ではないので自分にあったいろんな方法を試してみて下さい。

ナンパに必要な心構えとは

これまでの情報を元にしてまずナンパを始めようと思っている人にナンパに必要な心構えと言うのをここで一つ教えておきましょう。

まずナンパに絶対的に必要なのは「折れない心」この一点でしょう。
芸能人やジャニーズばりにイケメンだったとしても100%成功するナンパはありません。必ずイケメンだったとしても一度や二度もしくはそれ以上は断られてしまうものです。
だからといってたった一度や二度のナンパを断られたとしてもそこで心を折っているようではナンパの成功はありえません。
言い方は悪いですが数うちゃ当たるという事もナンパの一つの極意なんです。
100人に声をかけて1人でもついて来ればラッキーだと思うくらいの気持ちが大事なんです。必要以上に最初から期待しすぎると、とんでもないひどい断られ方をした時に確実に心が折れてしまいます。

スカウトマン

六本木や新宿などの繁華街に行くとよくブラブラとその辺を歩きながら女の子に声をかけている男性たちがいます。彼らはキャバクラ嬢や風俗嬢、AV女優たちをスカウトするスカウトマンと呼ばれる人たちで、ナンパなんてお手の物。彼らは断られる事なんて屁とも思っていません。
昔、彼らスカウトマンの一人に話を聞くことがあったのですが、彼らから見ると女性は金づるであり飯のタネ。そしてナンパは生きる術なのですから、一回一回に心が折れていてはとてもスカウトマンの世界では生きていけないと。そして女性の心をつかむためならどんな恥ずかしいことでも出来るという話をされました。

こういう信念をもって強い心でナンパしているからこそ女性はついていってしまうんではないかと思ったのです。
ナンパにおいては折れない心を持つものが、どんなイケメンよりも有利だという事を覚えておいてください。

ホテルに誘えることができるか

ナンパするならその日のうちにホテルに誘ってセックスをしたいと考える男がほとんどだと思いますが、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。
よっぽどのヤリマンや女性のセックスをしたいというタイミングが合わない限り素人女性とあったその日にセックスをできるという可能性はあまり高くないと思います。
どうしてもその日にあった女性とセックスをしたいのであれば、素人女性は諦めてプロの女性がいるソープランドに行くことをお勧めします。その方が結果的にお金がかからない事が多くセックスという目的も達成できますからね。

では、どうしたらセックスができるのか気になると思いますが、ナンパをする時に当たって砕けろの精神で今日デート終わりにホテルに行かないかという許可を取るとスムーズにいくかもしれません。

ナンパする男

相手から平手打ちなどの洗礼を受ける可能性が高いのですが、それにもめげない精神を持っているのであれば数多くの女性に対してナンパしてみることをお勧めします。

そこまでの強靭な心を持っていない人であれば向かない方法ですが、自分が変わらないと一生ナンパが成功しないことを理解しなければならないと思います。

ナンパをされる側の気持ちを分かろうとするから臆病な精神が湧き立ってくると思いますので、そんなことを考えずに行動することによって強引に女性を誘い出すことを可能となるのです。

押しに弱い女性は必ずいますので、そういった女性をナンパの対象にすることによって成功率は大幅に上がると考えております。

もしナンパをして挫折することがあれば滝行などを行って精神を強くすることをお勧めしており、どうしても1日の内にセックスがしたいのであれば何事にも動じない精神が必要であることは間違いないのです。

女性も1人の人間なのでイケメンにしか反応しないかもしれませんが、不細工でも真剣な気持ちを伝えれば振り向いてくれる女性にいつかは必ず会えるので諦めずに話かけることが重要だと考えています。

ナンパをするにも心が大事だということをしっかりと把握していただいて行動してほしいと思っており、女性は全て自分の傀儡なんだということを思い込んだほうがいいと考えております。

素人がすぐにセックスに持ち込もうとしてもなかなか難しい

とはいっても、女の子になれていない素人の男性であれば、出会ったその日に即セックスとのはハードルが高い事に間違いはありません。
だからと言ってナンパの最終目標であるセックスをあきらめるのは嫌でしょう。
こうなったら長く育てるか、一か八か玉砕するかの見極めも必要です。ただし長く育てたからといって必ずセックスを出来る保証はなく、いいように使われて最終的に連絡が付かないなんてこともありうるでしょう。

でもこれもナンパの醍醐味です。
自分の実力が試されているのだと思って、少しづつハードルを上げていくことによってどんな素人でもいつかはセックスを思うがままにできるようになるでしょう。そして男としても成長できるのではないでしょうか。

素人をナンパしてSEXした動画はこちらから
素人アダルト動画TOPへ

公開日:
最終更新日:2015/07/09