素人アダルト動画

素人アダルト動画は、全て無料で見れるエロ動画サイトです。ナンパものから盗撮、痴漢などリアルな素人の女の子のセックスをお楽しみください

イケメンと妻のプレイで龍神さまを呼び覚ませ!

妻の不倫で興奮する私

私は妻の度重なるとんでもない思考に振り回され、とうとうインポという病気になってしまいました。

そんな私をみかねた妻は必死で治療しようと奮闘し、出会い系サイトでイケメンと妻が不倫をすることになりました。私はこれでやっとセックスから解放されると思い、妻の不倫に協力しました。

しかし、そのイケメンは重大なことを隠していたのです。そして、妻の不倫で興奮する私も変態だと気付かされました。

龍神(チンチン)さまの昇竜を目指す!

いざインポになってしまうとビックリするほど勃起率が悪くなるのだから笑えてしまいます。

今なら、どんな世界中の美女が来ても恐らく私の息子たるジュニア(チンチン)は反応しないと自負することができます。

山奥に籠り苦しい修行の末、煩悩に打ち勝ち、欲望という名の悪を全て切り捨てた高位な修行僧と勝負しても負ける気はしないのです。

恐らく、私が好きなジュリアロバーツや、ジェニファーラブヒューイット、堀北真希が全裸でセクシーに踊るポンポコリンや、妖怪体操をしても私のジュニア(チンチン)は仏の如く穏やかに過ごすこと間違いないでしょう。

そんな私のジュニア(チンポ)を龍神さまとして崇め、何とか奮い立たせようとしているのが私の妻です。どうやら、妻の頭のなかでは私のチンポは龍神さまという神格化した類に見えるらしいのです。

龍

まるで村人が豊作を祈願するかのように私をイスに座らせて、全裸でセクシーダンスを披露し、私の龍神(チンチン)さまが少し動くたびにダッシュで私の龍神(チンポ)さまをフェラチオするという日々が続きました。

それでも私の龍神(チンポ)さまが昇竜してくれないので、とうとうバカ嫁はしびれをきたし秘策に出たのです。

それはまさに出会い系サイトで知り合ったイケメンと妻がセックスしているのを見て私の龍神(チンチン)さまが昇天すると思いこんだのです。

第三章 目次

約束の場所へいざ出陣
 -妻の作戦の一部始終
 -イケメンとの約束の場所へ
妻とイケメンのデート
 -妻の暴走を止めろ!
 -先回りして待ち伏せ
NTRプレイが始まる!
龍神(チンチン)さまの飛翔の時
 -衝撃の真実

約束の場所へいざ出陣

私の心もかなり疲れていたのは明白ですね。ふつうは妻が寝取られるとなれば必死に止めると思いますが全然そんな気力が起きませんでした。

私の体がそれぐらい限界だったのです。もうね。勝手に不倫して欲しいくらいでしたもの。私はうつ病とインポを同時に患った者ですからね。

ダブルパンチの病ほど、苦しいものはありませんよね。ドラゴンクエストというゲームであれば呪いの鎧を装着して世界を救いにいくようなものですからね。

ゲームの世界では呪いの鎧を着て歩くたびにHP(体力)が減っていく。リアルの私は妻のとんでもない発言により、精神的ダメージを受けているというところでしょうか。まだ、ゲームの世界の方がマシですよね。

しかしながら、妻の毎日の龍神式を見るたびに

「私のためにも頑張っているのだな~」

と思うと涙が出てくる時もあります。そう考えると妻の一興に乗っかってみるかと思うのですから私もバカですよね。要はまだ妻を愛しているということなのかもしれません。
呪いの鎧
そんな色々な思いを胸に、出会い系サイトで会う約束したイケメンと妻との絡みを見学することを決意しました。

妻は喜んでいましたが、イケメンの龍神さまと合体するのが嬉しいのかそれとも本気で私のうつ病とインポが治ると思いこんでいるのか分からないところが複雑な気持ちになりました。

妻の作戦の一部始終

妻の作戦の一部始終の話を聞きました。まずは映画に行ってディナーを食べて、私たちの家に連れてくるそうです。

つまりは自分の家で寝取られるという何とも究極な作戦なのですが、うつ病でインポのワタシには発言権はありませんよね。そんなデートの日程を細かくチェックし、その男性がどういう人のか聞いてみると、顔だけしか分からないとのことでした。
ビジュアル系
このバカ嫁は顔だけでしか選んでいなかったのです。嫁とイケメンがデートの最中も尾行しないといけないので、私も一通りこのイケメンのプロフィールに目を通しました。

確かにプロフィールは写真と生年月日、そしてバイセクシュアルと記載がありました。顔立ちは整っていて、今でいう草食系男子のようで、第一印象はなんだか女の子っぽいなとも思いました。

この時は、世の中にはこんなに女性みたいな男性がいるものなのだなとしか感じませんでした。

イケメンとの約束の場所へ

当日になり、約束の場所へ妻と出かけます。私は妻との距離を数十メートル保ちつつ尾行していたのですが、少し緊張しています。

何だか普段のプレイとは違うというかなんというか、今から妻がイケメンに抱かれると考えると少し悔しい気持ちと嫉妬心が芽生えたのです。

話をした時は全然そういう感情はなかったのですが、やっぱり妻のことを愛しているのだと思いつつ、私の龍神(チンポ)さまに目を落とすと若干ぴくぴくしていましたね。

少しテンションが上がりつつも、これって私が寝取られたいという願望がある変態なのか?と逆に悩んでしまいました。妻はバカで変態だと思っていたのですが、私も変態かもしれないと思うと恐怖でした。

私たちは変態夫婦だったのだろうか。いや、今回の寝取られプレイでハッキリする。私は変態ではないはずです。

この試練が終われば、うつ病も私の龍神(チンチン)様もきっと良い病院で治療を受ける旅に出かけることができると思っています。

そんな色々な考えを張り巡らしている最中に約束の場所に突きました。いつもはバカでテンションが高い妻も数年ぶりの出会い系サイトなので、緊張しまくっていました。

お互い目で合図をしつつ、離れました。後はイケメンが現れるのを待つのみです。

妻とイケメンのデート

約10分くらい待ったでしょうか。待てでも待てどもイケメンは現れませんでした。妻もソワソワしていて私も落ち着きません。

これはもしかして会えないケースかもとちょっと心の中で安心していました。30分経ち、もう終了だ。妻を呼び戻そうと思った瞬間でした。

あの出会い系サイトのイケメンが妻の前に現れたのです。プロフィール写真と少し違っていて、実際は凄く細くて清楚な顔立ちで男の私でさえ惚れてしまうような天使のような顔立ちでした。

最近のイケメンは凄いなと思いつつ、見惚れてしましました。そんな私をしりめに妻は大はしゃぎです。まるでジャニーズのファンがジャニーズのアイドルに会った時のようにキーキー騒いでいます。

自分が初めて会ったときは、そんな感じではなかったのになと少しイラッとしましたが、そこは我慢です。イケメンは手慣れたかのように妻をリードしています。

映画に行き、ショッピングを楽しみつつ、あっという間にディナーの時間になっていました。時折妻がキョロキョロし始めて私を探す姿には久々に胸キュンしましたね。

そして私を見つけたらちょっとニコッとするところはやっぱり心は私の元にあるんだなと思ったりもしました。

ディナーを終えたところでイケメンからの強引な誘いでバーに連れていかれた妻はちょっと可愛かったですね。プラン通りいかない予想だにしないできごとに弱いのだと初めて気づきました。

いつもは妻が一生懸命書いたプラン通りにことを進めようと精一杯だった私にはそういった予想外なできごとを用意する余裕がなかったのです。

「もしかして、こういったサプライズを提供することで妻も喜んだりするのかもしれないな。今度は妻だけではなくて、私の方からも何かしら用意しよう。」

そう思いながら、妻に対して悪いなとも思いました。バーでは妻がイケメンの口車に乗せられてお酒を結構呑まされていました。

私の妻も舌が回らなくなり、これはちょっと計画通りにいかなさそうなので中止にするか!?と悩んでいたところで妻がイケメンを引っ張り出し、外へ出ました。

妻の暴走を止めろ!

これは完全に計画のことを忘れている。もしくは私のことをすっかり忘れているとすぐに分かりました。案の定イケメンは妻をラブホテル街に引っ張り出そうとするのです。

バカな妻もホイホイついていきそうになるのを見て少し怒りが込みあがってきました。もちろんすぐに妻に電話しましたよ。

なぜかって?これは私のインポの治療のために妻が考えた計画であって、妻の欲求不満を解消する事が目的ではないからです。これではただの不倫で終わってしまいますからね。

こんなことは一回で十分ですからね。そもそも私には寝取られ願望はないみたいですし、このまま終わらせるのもありと思ったのですが、妻が電話に気づき酔いが覚めたらしく、何とか軌道修正していました。

私を発見するなり手を合わせてごめんと合図してましたが、少し複雑な気持ちでした。軌道修正は成功したのですが、私の方は逆に忙しくなります。

先回りして待ち伏せ

なぜならば、先回りして、家の寝室のクローゼットに隠れていないといけないからです。妻とイケメンの弄り具合を見計らって、良い感じになったところでクローゼットから登場するのです。

「呼ばれてないのにじゃじゃじゃじゃーん。」

というところでしょうか。まあ、そうしたところで私の龍神(チンチン)さまは昇竜することはないと思いますが、これで妻の治療が最後だと思うと気力で頑張れます。

私が必要としているのはそういうことではなく、人類の英知によって磨き上げられた医術なのですからね。

NTRプレイが始まる!

15分くらいクローゼットで隠れていましたが、誰も家に入ってくる様子が感じられませんでした。あれ?もしかしてラブホテルに行っちゃった?と困惑し、妻に電話しようとした矢先です。

ガチャという玄関の開く音が聞こえました。

「来た。妻の計画通りに事が運んでいる。」

緊張しました。そして寝室へ妻とイケメンが入ってきたのです。こんなに心臓がバクバクしたのは久々のことです。恐らく、初めて妻と出会い系サイトで出会い、エッチをした時いらいですね。

妻はクローゼットの方をチラチラ見ながら、イケメンを挑発してます。その時初めてイケメンの声を聞きましたが、これがまたなんともひ弱な感じで可愛い声だったので思わずタカ&トシのようにツッコみたくなりましたね。「女子か!」と。

龍神(チンチン)さまの飛翔の時

それでもイケメンであることには変わりはないのですからね。イケメンと妻が濃厚なキスをしているのをクローゼットの中でみて嫉妬心に身を焦がす私はなぜか興奮していました。

そして悲しきことに、私の龍神(チンポ)さまが少しだけ飛翔しようとしているのです。

「えっ!?マジですか!?」

私の心の中ではアルプスの少女ハイジのクララが立った時のように感動しました。クララ(チンポ)が起ったと!そして同時に私も変態さんなのだと悲しくなりました。

しかし、まだ喜ぶのは早いのです。なぜならば、これは私の龍神(チンチン)が自由に空を飛び回っていた時の大きさではないからです。30パーセントくらいの飛翔具合といったところでしょうか。

もしかしたらと思い、私も龍神(チンチン)さまの昇竜を助けるべくサポートします。手を上下左右に動かしました。

そうしている間にも妻とイケメンの絡みは続いています。妻はイケメンの濃厚キスにメロメロ。それを見て私は飛翔しようとしている龍神(チンチン)さまを手助けするべく必死にシコっていました。

冷静になると、なんとも滑稽でバカな夫婦でしたが、その時は各々が必死なので全然気づかないですよね。そしてとうとう妻はイケメンに丸裸にされました。

妻はイケメンの洋服を脱がそうとしましたが、イケメンは妻の手を振り払い、脱ごうとしません。それどころかイケメンの濃厚な愛撫は続きます。

正直、焦らし過ぎでしょ!と思うくらい焦らしまくっています。イケメンは妻の感じる部分一つ一つを探り当て、時間をかけて感じさせています。1時間たったでしょうか。

イケメンの焦らしのテクニックが凄すぎて、逆に妻の方から

「もっと。もっと。早く欲しい」

と懇願しています。しかし、イケメンはまだまだ焦らします。そして、妻がイキそうになると寸止めをする。その繰り返しで快楽地獄を体験させているのです。

妻はもう我慢できなくなったらしく、

「早くオチンチンちょうだい」

とイケメンにより強く懇願していました。その時です。妻からはみえませんが、私の角度からはハッキリと見えました。

イケメンは自分のカバンからバイブのようなものを取り出し、妻から見えないところ場所に隠したのです。このイケメンかなりのやり手です。

バイブで妻を責める気だったのです。そしてとうとうイケメンが脱ぎ始めた時に驚愕の真実がさらけ出されたのです。

衝撃の真実

イケメンがシャツを脱ぎ、上半身裸になった瞬間です。妻がビックリして声をあげたのです。

私は妻の驚きの声に助けなければと思い、30パーセントくらい昇竜している龍神(チンチン)さまをさらけだしたまま、クローゼットから飛び出しました。

イケメンが振り向くと微かに胸のような膨らみと可愛らしいピンクの乳首がありました。私とイケメンが初めて出会った瞬間です。・・・つづく

— To be continued —

素人アダルト動画TOPへ戻る

公開日:
最終更新日:2015/09/30